美肌に最適なビタミンCの働きについて知ろう

なぜビタミンCは肌に良いの?

ビタミンCは、美肌効果が高い事でも知られていますよね。ビタミンCの肌への働きは、肌のくすみを取り除き、肌のはりも向上させてくれます。しかし、ビタミンCはそのままだと肌に塗布しても、肌のバリア機能によって邪魔されてほとんどが肌に浸透されません。そこで、開発されたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はビタミンCの浸透力の弱さを補い、しっかりと肌の奥までビタミンCを届け、ビタミンCの本来の働きを行ってくれる美容成分です。

ビタミンCの肌への詳しい働きとは

ビタミンCは美肌にかかす事ができない成分ですが、実際にどのような働きをしているのかを復習していきましょう。ビタミンCは、お肌のはりを保つ為に重要なコラーゲンの生成を促してくれています。また、シミの元にもなるメラニンの生成を抑えてくれます。さらに、ストレスへの抵抗力を高めてくれる効果も期待できます。しかし、喫煙者は喫煙するたびにビタミンCが破壊されているので、しっかりとサプリメントなどで補う様にしましょう。

ビタミンCだけが美肌に効果的なの?

ビタミンには、Cだけでなく様々な成分が存在しています。他にも、美肌に効果的なのは、ビタミンAやB2、Eなどです。ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれますし、免疫力や抵抗力も高めてくれます。また、ビタミンB2は新陳代謝を高め、抵抗力もアップさせてくれる栄養素ですよ。ビタミンEは、お肌の老化を予防する抗酸化力に優れています。また、ビタミンCと一緒に摂取すると相乗効果がありますよ。これらのビタミンを食事やサプリメントで摂取して、美肌を目指していきましょう。

品川美容外科の裁判について詳しく